トップバナー【助成金】

ホーム ≫ 助成金活用サポート ≫

助成金活用サポート

助成金とは

​助成金とは、多くの経営者が抱える従業員の採用・育成・定着といった課題を解決するための取組みに対して国が助成してくれる制度です。


法人はもちろん個人事業主でも、従業員が雇用保険に加入していれば、ほとんどの業種で申請することができます。

この助成金を有効に活用していただくことで労使双方に大きなメリットがありますので、是非ご活用ください!

助成金 3つのメリット

従業員の育成と定着
従業員のキャリアアップや処遇改善が図れ、労使双方の満足度アップ
返済不要
助成金の財源は事業主が負担する雇用保険料なので、融資と異なり返済不要
数千万円の売上に相当
利益率5%の会社では、200万円の助成金は4000万円の売上に相当
返済不要で利益率100%の収益となる助成金は、会社の資金繰りに大きなプラスになるだけでなく、従業員の育成と定着という多くの経営者が抱えている課題解決につながるきっかけになります。

助成金が活用されない理由

0000444186.jpg

「そもそも、制度自体がよく知られていない」
「種類が多く、専門用語ばかりでわかりづらい」
「日々の業務に追われ、申請にかかる人手が確保できない」
「提出書類が多く、手続が煩雑でとても面倒」
「どこに相談や問合わせをしていいかわからない」
「支給要件の変更や制度の改廃が頻繁でついていけない」

このような理由で多くの会社では、助成金が活用されていないのが実情です。
また、たとえ自社で申請したとしても、以下のような不備があり不支給となってしまうケースが多数あります。

「法定帳簿(賃金台帳、労働者名簿、出勤簿、就業規則等)に不備があった」
「社会保険や労働保険の加入が適正にされていない」
「労働保険料を滞納している」
「申請期限に間に合わなかった」
「事前の計画の作成・提出がされていなかった」

これらをまとめると、助成金に関する情報収集には膨大な時間がかかることや、厳密な申請期限の中で法定要件の整備や煩雑な手続きをこなせるだけの専門性と人手が確保できないことが大きな要因になっていると言えます。
 
しかし、この助成金を知って毎年積極的に活用している会社とそうしていない会社では資金面および人材面で大きな差が出てきてしまいます。
 
「雇用関係の助成金」の財源は、事業主が支払っている雇用保険料なので、ある意味では国に資金を積み立てているようなものです。したがって、助成金の受給要件にあてはまるのに、申請しないことは積み立てた資金を全く活用していないのと同様です。

専門家に依頼するメリット

助成金はご自身で申請することが可能です。
しかし、ご自身で申請する場合の手続きにかかる膨大な時間や労力、そして書類不備や見解の相違等によって受給ができない等のリスクは非常に大きなものです。

そのため、助成金の専門家である社会保険労務士に面倒な手続きや行政機関との折衝を任せ、受給ができないなどのリスクを低くすることや、大切な本来の業務に集中していただくことをおすすめします。

当事務所の助成金活用サポートの3大メリット

0000444185.jpg
横濱社会保険労務士事務所では、申請から受給までしっかりサポートいたします!

〈助成金活用サポートの3大メリット〉
 ①  助成金無料診断サービスでお客様に最適な助成金をご提案!
 ②  申請手続きや行政機関との折衝を代行!
 ③  万が一、不支給になった場合、報酬は不要!

    ※助成金活用サポート範囲外のサービス(就業規則の作成等)は有料となります。

 
まずは、お気軽に以下のフォームから助成金無料診断サービスをお申込みください!
≪お申込み特典≫  助成金ガイドブックをプレゼント!


モバイルサイト

横濱社会保険労務士事務所スマホサイトQRコード

横濱社会保険労務士事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!